旅のことづて

山口県のぶらり旅ブログ

笠戸島(かさどじま)|瀬戸内海に浮かぶ絶景の離島

f:id:fujimofu:20180831103334j:plain

瀬戸内海に浮かぶ三日月形の離島・笠戸島(かさどじま)。

この島には厳島の明神が笠を置いたという伝説が残されており、笠戸島の地名の由来はここからきているんだって。

離島というと不便なイメージがあるかもしれませんが、海上にある遊歩道や温泉宿など景観をゆっくり楽しめる場所や、アウトドアを楽しめるキャンプ場等が整備されているので通年で楽しめる場所のようです。

夕日の名所としても知られ、島内にある夕日岬は海水の浸食により穴の開いた「はなぐり岩」があり、岩と一緒に見る夕日は笠戸島絶景スポットのひとつとして知られています。

 

f:id:fujimofu:20180831112034j:plain

笠戸大橋を渡って最初に向かった先は親水縁地公園。

はなぐり海水浴場に隣接するこの公園には約300mの海上遊歩道があり、笠戸湾の景観を楽しみながら海上をゆっくりと歩くことが出来ます。

海の上を歩きながら景観を楽しめる海上遊歩道ですが、景観を楽しむだけではなく釣りを楽しめる場所としても知られ、多くの釣り人たちが釣りを楽しんでいるようでした。

 

f:id:fujimofu:20180831115953j:plain

隣接する「はなぐり海水浴場」は波も小さく落ち着いた雰囲気の場所で、普段の慌ただしい毎日を忘れて景観をじっくり眺めることができる癒しスポットです。

夏休み期間中には海開きがされて泳ぐことも出来るので、お子さん連れで来られた方も退屈しない場所です。

隣接する宿泊施設の笠戸島ハイツでは「名物の笠戸ひらめ」が有名で、美しい笠戸湾で育まれたひらめは絶品です。

 

 

親水縁地公園・はなぐり海水浴場

所在地:山口県下松市笠戸島はなぐり

電 話:下松市産業観光課  0833-45-1841

施 設:シャワー、トイレ、無料駐車場

 

隣接宿泊施設 笠戸島ハイツ

所在地:山口県下松市笠戸島14

電 話:0833-52-0150

 

f:id:fujimofu:20180831130108j:plain

ガオーと吠えて襲ってきそうなオブジェが目印の外史公園。

日本の航空とスキーの先駆者である長岡外史(ながおか がいし)の石像が建つ傍らSLの展示や絶景の見晴らし台まである、ちょっと面白い場所。

ちなみに、写真にある遊歩道を10分程歩くと笠戸島家族旅行村(オートキャンプ場等があり)に続いています。

 

f:id:fujimofu:20180831133228j:plain

デゴイチという愛称で親しまれる蒸気機関車「D51」

この蒸気機関車は日立製作所の笠戸島工場で昭和15年(1940年)に製造され、その縁からここ外史公園に展示されているようです。

現在でも日立製作所笠戸事業所が下松市にあり、「新幹線」車両製造の地として知られています。

外史公園に隣接する国民宿舎 大城(おおじょう)には、展望ロビーに新幹線(700系)のグリーン車座席があるこだわりようで鉄道ファンにおすすめの宿です。

 

f:id:fujimofu:20180831131745j:plain

外史公園頂上の見晴らし台。

この見晴らし台からみる景色は本当に綺麗。

この日は風もなく人も居ないときだったので、この景色を独り占めできました。

外史公園に隣接する国民宿舎大城では「大城温泉」といわれる温泉があり、露天風呂から眺める笠戸湾は他とは違う景色を見せてくれます。

日帰り温泉プランも用意されており、日帰り旅行を予定している人でも温泉を楽しむことができます。

 

f:id:fujimofu:20180831140252j:plain

見晴らし台の隣には長岡外史の銅像が建てられており、その特徴的な長いひげは「プロペラひげ」とも呼ばれていたそうです。

この特徴的な髭は長岡外史自慢のものだったようで、最長で70㎝弱にも達したこともあるんだとか。

きっと手入れが大変だったと思うけど、だからこそ愛着がわいたのかな。

 

 

外史公園

所在地:山口県下松市笠戸島14-1

電 話:下松市産業観光課  0833-45-1841

 

隣接宿泊施設 国民宿舎 大城

所在地:山口県下松市笠戸島14-1

電 話:0833-52-0138

 

f:id:fujimofu:20180831142811j:plain

標高150mの丘にある笠戸島家族旅行村の展望台より。

笠戸島家族旅行村は、ケビンでの宿泊やオートキャンプ・バーベキューなどのが楽しめるアウトドア施設です。

現地には大城温泉の足湯があり、鯉が泳いでいるのを見てビックリしたフジモフが水に手を付けると人肌より少し冷たいくらいでした。

※足湯用のタオルは管理棟で無料貸出しているようです。

 

ゴミは分別すると捨てて帰ることができ、トイレシャワー棟・コインランドリー・ユニバーサルトイレ(洋式)が完備。

予想以上に清潔に保たれていて利用しやすい施設の印象を受けました。

 

 

f:id:fujimofu:20180831144600j:plain

幸福を呼ぶといわれる四季の風鈴。

鐘を鳴らすと幸福を呼ぶのだそうです。

立ち寄った際は、幸運を祈って鳴らしてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

笠戸島家族旅行村(2018年現在)

所在地:山口県下松市笠戸島14-1

電 話:0833-52-1001

 

営業時間 

管 理 棟:7:30~19:00

サービス棟:9:30~16:00

足   湯:10:00~16:00

 

オートキャンプ(一泊二日)

1サイト5名 2,160円(税込)

ご利用時間 14:00~翌日12:00

チェックイン 14:00~18:00

※キャンピングカー利用不可

※コインシャワー 10:00~21:00

 

サンセットケビン(一泊二日)

1棟5名 12,960円(税込)

ご利用人数 1棟、最大7名まで

チェックイン 16:00~18:30

※駐車場1台分あり。2台目からは管理棟前駐車場利用。

※バーベキューを利用する際は別途バーベキューガーデン使用料金が必要

 

f:id:fujimofu:20180831152808j:plain

夕日の景観では、西日本でも有数の名所と言われる夕日岬。

多くの写真家が訪れて撮影していく山口有数の撮影スポットです。

左方の通り抜けられそうな岩は「はなぐり岩」と呼ばれ、夕影が重なる12月下旬が見頃となります。(写真は5月頃に撮影)

 

f:id:fujimofu:20180831153554j:plain

笠戸大橋は、昭和45年(1970年)に完成した真紅のランガートラス橋。

昼間に見ると地味な橋のように見えて、夜には本来の美しい姿を見せてくれました。

う~ん、大人な感じがする橋ですな。

 

 

 

笠戸島の近くにはこんな観光地がありますよ。

 

www.fujimofu.com

 

www.fujimofu.com

 

 

 

 

 

 

 笠戸島

所在地:山口県下松市笠戸島