旅のことづて

山口県のぶらり旅ブログ

日本一お守りとお札がある神社 琴崎八幡宮

f:id:fujimofu:20180731155417j:plain

 

宇部市鎮守琴崎八幡宮は、西暦859年(貞観元)年に琴芝海岸に創建されていたそうなのですが、1184年(元歴元)年に西宮へ遷座し、さらに1377年(永和3)年に現在地に再遷座されて現在の位置になったようで、今から1000年以上も昔からある歴史のある神社です。

琴崎八幡宮の公式サイトには、縁結び・安産・育児の神・交通安全の神を祀られていると記載されており、恋愛から始まり結婚の後に子育てまで御利益があるというのだから、まるで人生をなぞるように御利益がある神社ですね。

 

f:id:fujimofu:20180731164044j:plain

 

2018年7月20日から8月31日には「納涼風鈴まつり」がひらかれていて、連日30℃を越える猛暑が続く山口にあって、涼しげな音色で参拝者を癒していました。

鈴の音は古くから巫女舞や神楽で使用されるように神秘的な音とされており、清らかな響きによってわざわいを祓う力があるとされているそうです。

江戸時代(今でもいらっしゃるでしょうが)の人は暑気祓いとして風鈴を軒先につるしていたらしいけど、当時もこんな音色がしていたのかな?

境内には陶器製の夜光風鈴5種(500円)とガラス製和柄風鈴5種(1000円)が用意されていて、好みの風鈴に願いを描いた短冊を取り付けて風鈴掛けにつるすと願いがかなうのだとか。

 

f:id:fujimofu:20180731171031j:plain

 

琴崎八幡宮は御守りやお札の種類が多いことで知られ、その数800種類(平成30年1月現在)以上もあるというから凄いよね。

境内には各種おまもりやおふだが取り揃えられている授与所があり、フジモフも入ってみましたが、その種類の多さには圧倒されました。(笑)

残念ながら御守類のネット頒布を受け付けていないようで、なるべくご参拝の上、お受けくださいとのことでした。

ただし、宇部市出身の人や遠方に在住する人、理由あって参拝が困難な人は善処していただけることもあるようです。

正月期間(12/30~1/7頃)など社務所が忙しい時期は特に注意が必要になりそうですね。

 

f:id:fujimofu:20180731172837j:plain

1000年以上の歴史ある神社にあって800種類以上も御守りやお札を取り揃えるユニークな神社、琴崎八幡宮。

あなたにピッタリのお守りやお札が、ここなら見つかるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

琴崎八幡宮(Kotozaki Hachimangu)


所在地:山口県宇部市大字上宇部大小路571

電 話:0836-21-0008

F  A  X:0836-31-9618

email  :kotozaki@etude.ocn.ne.jp

 

 

交通アクセス

・山陽自動車道・宇部ICから市街地方面へ車で約3分
・山口宇部空港から国道190号線を西へ~国道490号線を北へ車で約15分
・JR新山口駅から国道2号線バイパス~宇部有料道路(現在は無料道路になっています)経由)車で20分