旅のことづて

山口県のぶらり旅ブログ

花の海|ヒマワリとコスモスの名所としても知られる体験型農場

f:id:fujimofu:20180506215111j:plain

 

西日本最大級のシステム農場「花の海」

11月19日から翌年5月末までイチゴ狩りが、6月11日から8月末までブルーベリー狩りが楽しめる体験農場なんだって。

イチゴ狩りは料金を支払えば時間無制限で食べられるそうで、体験者が望めばお腹いっぱいイチゴを食べることもでこともできるから凄いよね。

西日本最大級の農場と言われるだけあって沢山のビニールハウスが設置されていましたが、夏の時期になると無料でひまわり畑の絶景を見ることができます。

 

f:id:fujimofu:20180506221012j:plain

 

ひまわりの花言葉は「あこがれ」「あなただけを見つめる」「熱愛」「情熱」と明るい活動的なイメージがあるひまわりにピッタリ。

あなただけを見つめるか…

太陽に向かって顔を一斉に向ける姿は花言葉そのままかもしれません。

ひまわりという名前の由来も、太陽の移動する方向を追うように花の向きを変えるからなんだそうです。

自宅で活ける花なんかも日光の方に首を向けたりしますが、ひまわりはそれより一途なんでしょうね。

 

f:id:fujimofu:20180506222556j:plain

 

ひまわり畑には中を探索できる道があって、ひまわり畑の中心で記念撮影をすることも出来ます。

道は畑だけあって段々になっている所がありますから、足元には気を付けた方がいいかもしれません。

特に小さなお子さんと一緒に行かれる方は、お子さんがはしゃいでこける事もあるかもしれませんから十分注意が必要です。

 

道の先々にはパレットが置いてあり、パレットの上に登って写真撮影を楽しめるような配慮があってグッド。

上から俯瞰してみるような感じで撮影もできるので、ひまわり畑の中心に立ってもらい記念撮影をしている人も多かったです。

パートナーやお子さんとの大切な瞬間を撮影したり、お盆の帰省時期に今日しか会えない人との瞬間を撮影するのもいいかもしれませんね。

 

 

f:id:fujimofu:20180506230454j:plain

 

時は過ぎて夏から秋へと季節が変わり、ひまわり畑だった場所はコスモス畑に変わりました。

ひまわり畑を見たときも綺麗だったけれど、秋に咲くコスモスも見応えあり。

畑全体のコスモスの数は30万本もあるらしく、オレンジ色と黄色のコスモスが風にゆれる姿はなかなか壮観な眺めでした。

 

f:id:fujimofu:20180506225540j:plain

 

ひまわりシーズンが終わってから種蒔きするからでしょうか、オレンジと黄色のコスモス畑とは違って、蕾の多いコスモス畑もありました。

花開く日をじっと待つ蕾たちと、我先にとせっかちに咲く花たちが混じってなんだか面白い。

 

f:id:fujimofu:20180506225949j:plain

 

コスモスは別名秋桜とも呼ばれ、冬へ向けて木を吹き枯らす季節にあって色鮮やかな花の姿を見せてくれます。

秋は食欲というタイプでしたが、綺麗な姿を見せてくれるコスモスを眺めながらホッとひと息。

 

f:id:fujimofu:20180506225202j:plain

 

ヒマワリが植えられたなかった畑はさすがの情景で、秋の風物詩としてのコスモスを存分に楽しめます。

コスモス畑の中を通れるような道もありますから、上手く位置取りすればコスモスに囲まれたように見える記念写真も可能です。

 

 

 

 

 

 

 

㈱花の海

所在地:山陽小野田市埴生3392

TEL:0836-79-0092

営業時間

平日    10:00~17:00

土日祝日    9:00~17:00