旅のことづて

山口県のぶらり旅ブログ

長府城下町の紅葉スポットをご紹介|歴史ある街並みと美しい紅葉を求めて散策する旅

関ケ原の合戦の後、毛利秀元が長府五万石の城主として入府して以来、大小様々な武家屋敷がが建てられた長府城下町。 現在に見られる門長屋や土堀は当時実際に使われていたもので、時代の変化に大きくかかわる歴史的な場所があることでも知られています。 今…

功山寺(こうざんじ)|歴史の表舞台となった国宝寺

功山寺は嘉暦2年(1327)に創建されたもので、日本に残る最古の禅寺(ぜんでら)様式を残していることから、昭和28年に国宝に指定されている国宝寺です。 弘治3年(1557年)には、山口を西の京と呼ばれるほどに繁栄させた大内氏滅亡の舞台となり、文久3年(1…

長府庭園|紅葉を代表とする四季折々の風景を楽しめる回遊式庭園

長府庭園は長府毛利藩の家老格である西運長(にしゆきなが)の屋敷跡を整備されたもので、31,000㎡もある敷地には池を中心に書院・茶屋・あずまやが当時のまま残さた大庭園です。 園内には蔵が点在しており、売店や下関市内で活躍する作家さんたちの作品展や…

雲林寺(ネコ寺)|忠猫伝説が残る猫好きにはたまらない猫の寺

うん? なんだ?なんだ? 寺の境内に巨大な招き猫の置物がある! ここは、山口県萩市にある雲林寺(ネコ寺) 山門前には左右に招き猫の置物が設置してあり、真ん中には木彫りのネコ像がある。 木彫りのネコ像には張り紙がしてあって、山門をくぐるときは足元…

東行庵(とうぎょうあん)|幕末の志士 高杉晋作を慰霊する花の寺

幕末の志士、高杉晋作(たかすぎ しんさく)慰霊の地として知られる東行庵。 晋作の遺言により騎兵隊の本拠に近いこの地に葬られ、出家した愛人「おうの」が初代庵主となって生涯にわたり弔われたと伝えられています。 また、山陽花の寺二十四ヶ寺のひとつと…

山口県にあるコスモスの名所をご紹介|旅行やデートにおすすめのスポット

秋の風物詩ともいえるコスモスは別名で秋桜とも呼ばれ、毎年秋になると休耕田ではピンクや白の花を咲かせて観覧者を魅了しています。 最近では夏に咲く品種もあることから秋の花というより夏の花のイメージを持つ人もいるかもしれませんが、「秋桜」という別…